XⅢ死神(大アルカナ)

タロットカードの意味

13.XⅢ死神(しにがみ)の意味

「死神」と聞くと、ドキッとしますよね(・・;) でも大丈夫です!

以前の記事(→参照記事)でも少しだけ説明しましたが、物事には必ず「始まり」と「終わり」があるように、このカードは終わらせたがいいことがある時、次の新しい段階へ進むべき時などを知らせてくれるカードなんです。

白と黒が印象的である絵柄からは、白黒はっきりする時が来たんだということが分かります。なのでもし占いで展開されたとしても、次のステップに進む時期が来ていると前向きにとらえてください。

終わりを必要なものとして受け入れたのでしょう。この男性は遠くに見えるゲートへたどり着き、大いなる幸福を手に入れることができるのではないでしょうか。

人間は出来事だけをとらえて、悪いことが起きてしまったと感じてしまうことがありますが、「終わり」は次につながる新しい「スタート」なのです。それを受け入れることができた時、さらなる発展につながります。

このカードが展開された時は、自分自身に手放すべきものはないか問いかけてみてください。

 

正位置で展開された場合

再出発、区切り、新しいスタート、仕切り直し、生まれ変わり、決着をつける時、方向転換、新たな可能性、再生、生活習慣の見直し、不要なものの手放し

逆位置(逆さま)で展開された場合

同じことの繰り返し、堂々巡り、苦しい変化、決着がつかない、決心ができない、踏ん切りがつかない、メリハリのない生活

などの意味を表します。

 

タロットに正解はありませんので描かれているもの、色、カードから受ける印象などからイメージを膨らませること、他に展開されたカードと合わせて意味をとらえることがポイントです。あまり意味だけに捉われず、イメージを膨らませカードから自由にメッセージを受け取ってくださいね!

次回は「XⅣ 節制」です。お楽しみに~♪

 

タイトルとURLをコピーしました