Ⅲ女帝(大アルカナ)

タロットカードの意味

3.Ⅲ女帝(じょてい)の意味

周囲には自然の恵みがたくさん描かれていて、女性はフカフカなクッションにもたれかかり、座り心地が良さそうな椅子にゆったりと座っていることから豊かな状態であることがわかります。

彼女の足元にある盾は「受け止める力」を象徴していて、記号♀は西洋占星術で「金星」(愛や美の象徴)を意味します。着ている服にはザクロ(女性性の象徴)が描かれていて、母性・女性性・豊かさを受け取る力が表現してあります。

Ⅱ女教皇(→前回の記事参照)のカードにも女性が描かれいますが、こちらの女性は女教皇と比べると自信に満ち溢れ余裕を感じますし、穏やかで落ち着いています。

受け止める力は、幸せや豊かさを受け取る力でもあるのかもしれませんね!

 

正位置で展開された場合

安定、母性豊かな状態、育んでいく力、女性らしさ、実りを得る時・得た状態、妊娠・結婚・出産、豊かな状態、恵まれている、繁栄

逆位置(逆さま)で展開された場合

油断、怠慢、母性が薄れている状態、見栄っ張り、女性の武器をつかう、実らない愛、幸せだと思い込んでいる、幸せを感じない愛、目の前の幸せに気づいていない

などの意味を表します。

 

タロットに正解はありませんので描かれているもの、色、カードから受ける印象などからイメージを膨らませること、他に展開されたカードと合わせて意味をとらえることがポイントです。あまり意味だけに捉われず、イメージを膨らませカードから自由にメッセージを受け取ってくださいね!

次回は「Ⅳ皇帝」です。お楽しみに~♪

 

タイトルとURLをコピーしました