タロットカード 大アルカナ・小アルカナ

タロットカードの種類

大アルカナと小アルカナについて


タロットカードは大きく分けると大アルカナと小アルカナの2種類に分かれています。

合計枚数は78枚(大アルカナ22枚+小アルカナ56枚)←これをフルデッキと呼びます!

大アルカナのカードには魂の成長段階が描かれています。

小アルカナのカードには魂の成長段階において魂が実現したいことが描かれています。

簡単に言うと大アルカナは人生においてのテーマ、小アルカナは人生でおこる出来事を表しているということです。

この説明だけでは何を言ってるの?て感じですね

そこで次回からカードの意味につて丁寧に説明していこうと思っています。

今日は大アルカナ と小アルカナの見分け方について簡単に説明しておきます!

 

大アルカナ(↑写真が大アルカナ)
上に数字の0またはローマ数字のⅠ~
XXI(1~21)、
下に英語の両方が書かれているカード
小アルカナ
上にローマ数字のⅠ~Ⅹ(1~10)だけ、または下に英語だけが書かれているカード

 

タロットカードには「マルセイユ版タロットカード」「ウエイト版タロットカード」がありますが、初心者の方には「ウエイト版タロットカード」をお勧めします。

ちなみに、写真は「ウエイト版タロットカード」です。

カードは裏面のデザインやサイズが様々です。自分で手にして気に入ったデザインのものを1つ購入されてみてはいかがですか♪

次回からカードの意味などを説明していきますので、お楽しみに~♪♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました